2014の1月の読書

  • 2014.01.31 Friday
  • 10:30
2014年1月の読書。忘備録。
今月は、お正月もあり、やっと読書できる時間が。
いろいろと勉強しているため、
医療に関する読書が多かった・・・。


1)
子供の「脳」は肌にある (光文社新書)
母親として、おもちゃコンサルタントとして、
そして今取得中の「アロマセラピスト」として
いろんな角度から読んで役立つ内容でした。
「皮膚は露出した脳である」
肌の触れ合いは、心を豊かにする。
自分、家族、周りの人に役立てて行きたいです(知)

2)
セラピストなら知っておきたい解剖生理学
解剖生理学は、アロマセラピストの試験の際に猛勉強しましたが、
いまいち、繋がっていないことが多かったので、
これを読んで理解が深まったり、断片的なところが
繋がってきました。(知)


3)
心の治癒力をうまく引きだす―病気が回復する力とは何か。「まあ、いいか」療法はなぜ効くのか。
アロマセラピストフォロアップセミナーで
この著者の講師のコミュニケーション法に
関するセミナーがありました。
会場が大阪で行かれないので、この心療内科医の経験を積んだ
著者の本を読んでみました。

患者さんが自らの力で良くなっていく、
それにほんの少しきっかけを作ってあげるだけ。
治療の到達点は個人それぞれ。
読んで、とても納得。すごいと思いました。
でも、私は、はなかなかこういうふうに
誘導できないだろうな・・・と思いました。(知)


4)
水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社プラスアルファ新書)
認知症は「水、メシ、クソ、運動」で改善するそうです。
認知症の症状を緩和するには、脱水症状を直すのと同じ、
熱中症と似ている。つまり水をたくさん飲めばいいというのです。
人間の体の水分量は、子どもで体重の75%、成人で60%
65歳以上の高齢者で50%と加齢とともに減っていく。
水分を1日1.5リットル摂るようになったら、
認知症やその他の症状が改善された例と
具体的な方法が沢山掲載されています。
また、認知症=物忘れではないことなど、とても勉強になりました。(知)




ポチッと応援どうぞ宜しくお願いしま〜すよつばのクローバー
 ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 子供のおもちゃ・玩具へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキッズ用品へにほんブログ村

chianjyuをフォローお願いします。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

●ちあんじゅ。の手作りフェルトおもちゃ紹介(リンク)

再入荷☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

てんとうむしジャンケン W-240
てんとうむしジャンケン W-240 (JUGEMレビュー »)

小さい子だとついつい、何を出すか意識してしまうけど、じゃんけんの何がでるか本人もわからないところが面白い。選んで振るという動作が入るもグー♪

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM